ホーム > くらしの知恵

くらしの知恵

長年の暮らしの中で生まれてきた先人(せんじん)達(たち)の知恵を紹介します。

冬場の工夫

・暖房設備(囲炉裏・こたつ等)を使用
・屏風(びょうぶ)を立てて隙間風(すきまかぜ)を防ぐ
・寝床(ねどこ)は湯たんぽで暖める
・ご飯が冷えないようワラで編んだおひつ入れを使用

夏場の工夫

・川や井戸につけて冷やす(今の冷蔵庫)
・ご飯の保存では竹製のザルで風通しを良くし、つりかけショウケに吊り下げる
・日向(ひなた)水(みず)で行水する
・団扇(うちわ)を作って涼む

ak33.jpg

・シュロの葉で蝿(はえ)叩(たた)きを作る
・蚊帳を張って寝る

日常生活の中で生まれた工夫

・川水を利用(水車)して米をつく
・川の段差を利用してメゴ(籠)で芋を洗う
・木灰汁(きばいじる)を作って洗濯
・自然の植物を薬草にして病気を治す
・倉庫は燃えないよう土蔵(どぞう)にする
・古い布は刺子にして雑巾を作る
・火のオキ(薪が灰になる前の赤い部分)が出来たら消(けし)壷(つぼ)に入れて消すと、次に火を起こす際に着火しやすくなる

食品加工の工夫(漬物・保存食の作り方)

野菜…塩漬け・酢漬け・味噌漬け・干物
米・麦…カキモチ・アラレ・焼米・はったい粉
豆…豆腐・もやし・納豆
魚…焼いて串のままワラツドに刺して保存

参考

くらしのあゆみ 阿蘇 -阿蘇市伝統文化資料集-

カテゴリ : 生活

添付ファイル: fileak33.jpg 598件 [詳細]

このページのURL:

TOP