ホーム > アキカラマツ

アキカラマツ

概要

和名:秋唐松 学名:Thalictrum mimus var.hypoleucum

キンポウゲ科カラマツソウ属 多年草 草丈70~150cm
葉は2回羽状複葉で、小葉はやや丸く10㎜程、先端付近で浅く裂けています

季節(開花期)

7~9月
茎の先端に円錐形の花序を形成し淡黄色の花を多数咲かせます。
花弁に見えるものは萼片で開花後すぐに落ちます。雄蕊は長くなります。

環境

北海道、本州、四国、九州
山地林縁などに生育しています。

利用

開花中に全草を採取して、天日乾燥します。

薬効 

  •  内服 腹痛、下痢、食べ過ぎ
  •  外用 

食用 

  •  不明

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP