ホーム > アケボノソウ

アケボノソウ

概要

和名:曙草 学名:Swertia bimaculata

リンドウセンブリ属 多年草 草丈40~100cm
茎は四角く直立します。
葉は卵形~披針形で長さ5~10cm、先端が尖り前縁となります。

季節(開花期)

8~10月
茎頂で分枝し白い花を咲かせます。
花冠は20㎜程で、5つに深裂します。
花弁の中央には黄緑色の蜜腺があり、先端には黒い斑点があります。
中心に雌蕊があり、周りに5本の雄蕊があります。
果実は蒴果で、長さ1mmで褐色の円形、熟すと種子が散布されます。

環境

中国、ヒマラヤ
北海道、本州(関東以西)四国、九州
山地の湿原や沢沿いに生育しています

利用

薬効

特になし

  •  内服
  •  外用

食用

特になし

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP