ホーム > イナゴモドキ

イナゴモドキ

概要

体長25~35mm
成虫の出現時期は6月から8月で,山間部の草原などで見ることができます。
体色は黄緑色が多いですが褐色の個体も見られます。
複眼の後ろから前翅まで黒い筋があり,それがイナゴのように見えるところから「イナゴモドキ」の名前が付けられました。
全国的に数が少なくなっています。

データ

学名Parapleurus alliaceus
別名
分類バッタ科トノサマバッタ亜科
原産・分布北海道、本州、四国、九州


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP