ホーム > イナモリソウ

イナモリソウ

概要

アカネイナモリソウ
多年草で背が低く、地下に伸びる根茎をもち、その先端に直立した3~5cmの茎をつけます。
葉は対生し、2対から3対あるが上から見るとロゼット状に見えます。葉の長さは3~6cm、幅2~4cmで先端の尖った卵型です。
葉の色が独特の色合いで,花のない時期でもすぐにイナモリソウの葉とわかります。

季節(開花期)

5~6月
葉腋と枝先に1~2個の薄紅色の花をつけます。がくは釣鐘型で先端は尖ります。
花冠は長さ2.5cm、内面には短い毛があり、雄蕊は5本です

環境

日本固有種で、関東から西の本州から九州の山地にみられます。
阿蘇地方では数ヶ所の群生があります。

利用

画像

参考

阿蘇デジタル博物館

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP