ホーム > イヌゴマ

イヌゴマ

概要

シソ科イヌゴマ
多年草
茎の断面は四角で、下向きの棘が生えます。
葉は披針形で、対生しています。
葉には短い柄があり、縁には波状の鋸葉になっています。

季節(開花期)

7~9月
夏に穂状の花茎を伸ばし、先端に円錐塔状の唇形花を輪生させます。
萼片は5枚で、毛が生え、雄しべは4本で、そのうち2本が長くなります。
実は楕円形の分果で、実がゴマに似ているが食べられないところからきています。
また、料理に使うチョロギに似ているところから、「チョロギダマシ」の別名があります。

環境

中国
北海道から九州

利用

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP