ホーム > ウツボグサ

ウツボグサ

薬草としてのウツボグサ(靱草)

生育場所

山野の林縁や路傍など

採取時期

5~7月(開花時期全体)

利用部分

花穂又枝全体

薬効

利尿

調整法

花が咲いているとき花穂の部分だけつみ陰干しにして乾燥、開花中枝を根元から摘み、水洗いした後で陰干しする。

利用法

尿の出がわるいとき1日10gを水に700ml300mlを100mlを3回/1日飲む。
花穂だけの方がよく効く。

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-


カテゴリ : 生活
索引 :

このページのURL:

TOP