ホーム > オニヤンマ

オニヤンマ

概要

和名:鬼蜻蜒/馬大頭 学名:Anotogaster sieboldii

分類 トンボ目・オニヤンマ
大きさ 体長オス70mm、メス80mm

形態・生体

日本に現存するトンボでは最大種となります。
幼虫は他のヤゴに比べて太く、全身に細かい毛が生えてます。通常、川底の泥や砂の中に潜り、獲物を待ちぶせ、近づくと顎を伸ばして捕食します。5年間の水中生活の後、夏季の夜に羽化を始め翌朝成虫となります。
成虫は6月~9月まで山間部を中心に活動します。食性は肉食性で顎が大きく、ガ、ハエ、アブ、ハチなどを捕食します。
オスは河川の一定区域をパトロールし、オスが侵入すると追いかけ排除します。メスに出会うと捕まえて交尾を行います。交尾後、メスは水のきれいな小川や湧き水の流れこむ水たまりなどに向かい産卵行動を行います。体を立てて飛びながら、体を落とし水中の泥や砂の中に突き立て産卵します。
その後約1ヶ月で孵化します。

分布

全国各地に生育します

参考

阿蘇デジタル博物館

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP