ホーム > オランダミミナグサ

オランダミミナグサ

概要

和名:オランダ耳菜草 学名:Cerastium glomeratum

ナデシコ科ミミナグサ属 越年草 草丈20~30cm
葉は卵形ないし長い楕円形で、向い合って生えます。
全体に微毛があります。
柔らかな葉の形を鼠や猫の耳にたとえたのが名の由来です。

季節(開花期)

4~5月
茎先に白い五弁花がまとまってつきます。
日本在来のミミナグサよりも花柄が短いので、花が集まった様に見えます。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見える)

環境

ヨーロッパ原産 全国
水田の裏作、畑地、草地、荒地、道端

利用

  •  不明

薬効

  •  内服
  •  外用

食用

  •  不明

画像

参考

阿蘇デジタル博物館

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP