ホーム > カイツブリ

カイツブリ

概要

全長は25~30cmで、翼を広げると40cm程です。カイツブリ類の中では最も小型です。丸い体つきで尾はほとんどありません。雌雄とも同色で夏羽は暗褐色で濃くなり、冬羽はやや淡色になります。眼は黄色で目立ちます。
湖沼や池、ダム湖、溜池、河川、汽水域に生息しています。
水辺植物の密生地などに球状の巣をつくります。
潜水をしながら、小魚、甲殻類、水生昆虫を捉えて食べます。

データ

学名Tachybaptus ruficollis
別名
分類カイツブリカイツブリ
原産・分布オセアニア、アフリカ、ユーラシア大陸の主に温帯に生息し、日本でも全国に繁殖するが、北日本のものは冬は暖地に移動する


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP