ホーム > カキラン

カキラン

概要

和名:柿蘭 学名:Epipactis thunbergii

ラン科カキラン属 多年草 草丈30~70cm
直立する茎に葉が互生します。
葉は先の尖る卵形で、葉の平行脈は窪んでいて、上部になるに従い葉は小さくなります。
花は茎の先端に総状花序を作り、下から順に花を咲かせます。
花被片は黄橙色で下部中央の唇弁には紅紫色の斑点があります。
果実は蒴果で熟すと種子を周囲に散布させます。

季節(開花期)

6~8月

環境

中国、朝鮮半島、
北海道、本州、四国、九州 南西諸島
山地の日当たりの良い湿地や沢沿いの湿り気のある場所

利用

  •  不明

薬効

  •  内服 
  •  外用 

食用 

  •  不明

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP