ホーム > カシラダカ

カシラダカ

概要

体長150mm
後頭部にある短い冠羽が特徴的で、雄の夏羽は頭部が黒く目の上から白い側頭線があります。
体の上面には茶色で黒い縦斑があり、体の下面は白色です。
雄の冬羽と雌は、頭部と体の上面に淡褐色になります。
日本には冬鳥として渡来し、農耕地、河原、林縁などに生息しています。
エサは、地上で探すことが多く、小さな草の種子を食べています。

データ

学名Emberiza rustica
別名頭高
分類ホオジロホオジロ
原産・分布北海道、本州、四国、九州、南西諸島


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP