ホーム > カジカガエル

カジカガエル

カジカガエル

雄の鳴き声が秋に鳴く雄鹿の鳴き声を思わせることから河鹿の名がつけられました。
フィーフィフィフィフィ・・・とフルートを吹くような雄の美しい鳴き声は日本人の心をとらえ、万葉の昔から詩歌にも多く詠まれてきた日本固有のカエルです。
外輪山の渓流では、5月から8月にかけての繁殖期にその鳴き声が聞くことができます。
昼間も鳴くが、夕刻から夜にかけてよく鳴き、特に風がない日によく鳴きます。
雄は体長4cmほどの大きさで、体は平べったく、指先には大きい吸盤があります。幼生は口器を吸盤として使い、岩の表面に付着した珪藻などを削り取って食べます。
流れが緩やかな岸近くの石の上などでよく鳴いていますが、灰褐色に暗い模様の体色は周囲の石の色に溶け込み、警戒心が強く、人が近づく気配を感じるとすぐ鳴き止み、石の下などに隠れてしまうので鳴き声は聴けても姿はなかなか見つけにくくなっています。カエルの仲間では一般に雌が雄より大きく、カジカガエルではその差が特に大きくて雌は雄の2倍くらいあります。

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP