ホーム > カワラオミナエシ

カワラオミナエシ

薬草としてのカワラオミナエシ(河原撫子)

生育場所

山野の野原や林縁

採取時期

7~9月花が咲いているとき

利用部分

開花中 地上部の全草

薬効

利尿

調整法

九州では7月下旬から咲き始めるので花がさいたら地上部を刈り取り、水洗い後日陰で十分に乾燥させる。
あとは紙袋にいれて保存する。

利用法

尿の出が悪く体にむくみがあるとき5~10gを600mlで煎じて300mlをとり、かすは捨てる。
1日3回、1回100mlずつ服用する。家庭では難しいので全草を煎じて服用するほうがよい。

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-


カテゴリ : 生活
索引 :

このページのURL:

TOP