ホーム > カワラナデシコ

カワラナデシコ

概要

和名:河原撫子 学名:Dianthus superbus var.longicalycinus

ナデシコ科ナデシコ属 多年草 草丈30~60cm
茎は直立し上部で分枝します。
葉は長さ5~10cm、幅2~4㎜で線状の披針形で対生、基部は茎を抱きます。

季節(開花期)

6~9月
花は茎の先端に上向きに咲きます。
薄紅色で花径は3~5cm、花弁は5枚あり先端が細かく深裂します。
雄蕊10本、雌蕊は2本あります。
花後の果実は蒴果で、種子は扁平で円形です。

環境

中国、朝鮮半島
北海道、本州、四国、九州
草原や河原などに生育いしています。
阿蘇では草原の中でよく目立ちます。

利用

  •  開花期に全草を採取し乾燥させます。生薬名:瞿麦(くばく)
  •  果実を採取し、中の黒い種子だけ集めて乾燥させます。生薬名:瞿麦子

薬効

  •  内服 利尿、月経不順、膀胱炎
  •  外用 

食用 

  •  若芽を採取し、茹でた後水にさらしアク抜きします。油炒め、和え物、煮物

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP