ホーム > ガガイモ

ガガイモ

概要

和名:蘿藦、鏡芋、芄蘭 学名:Metaplexis japonica

ガガイモガガイモ属 蔓性多年草
茎は長く伸びて他の植物の上に覆いかぶさるように成長します。
葉は、心形で葉裏は白くなります。
花は葉腋から長い花柄を出して淡紫の花を総状につけます、花の内側には短毛が密に生えています。
果実は10cmほどの袋果で、熟すと白い毛をもった種子を風で飛ばします。

季節(開花期)

8~9月

環境

中国、朝鮮、
北海道、本州、四国、九州
山地、草原、荒れ地に生育しています。

利用

秋に果実、種子、葉を採取して日光乾燥させます。

  •  生薬名 羅摩子(らまし)※種子部分

薬効

  •  内服 滋養強壮、
  •  外用 生の葉は、解毒、腫れ物
    茎、葉から出る白い汁は、イボ、ヘビ、虫刺され
    種子につく白い毛は切り傷の止血になります。

食用

  •  若芽を熱湯で茹で、水にさらし、あく抜き後、油炒め、煮物、混ぜご飯。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP