ホーム > キササゲ

キササゲ

薬草としてのキササゲ(木豇豆)

生育場所

庭などに植えられている。
道端など野生状態で生えているときもある。

採取時期

10月11月やや淡い灰褐色に熟したとき

利用部分

果実は直径が5mm長さ30cmぐらい、細長いさや中に平べったい実がある。
さや全体を用いる。

薬効

利尿

調整法

10月ころ垂れ下がったさや灰色に熟して果実と付け根から切って日に干し乾燥する。

利用法

尿の出がわるいときキササゲを煎じて飲む。
10g水600ml100ml~300ml3回飲む。

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-


カテゴリ : 生活
索引 :

このページのURL:

TOP