ホーム > キツネノカミソリ

キツネノカミソリ

概要

ヒバンバナ科ヒガンバナ
多年草
帯状の細長い葉を球根から出し、夏になると葉は枯れます。
葉のない状態で地中から花茎を伸ばし花を咲かせます。

季節(開花期)

8月
花は30~50cmの花茎の先にオレンジ色の花を数輪つけます。
雌雄同花で花弁は6枚あります。
花後にできる実は熟すと下部が裂け種子が散布されます。

環境

本州、四国、九州
明るい雑木林の中やその林縁に生育します。

利用

全草に有毒成分がありますが、アルツハイマー病の治療に有効な「ガラタミン」が含まれています。

画像

参考

阿蘇デジタル博物館

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP