ホーム > キツネノマゴ

キツネノマゴ

概要

和名:キツネノマゴ 学名:Justicia procumbens

キツネノマゴ科 キツネノマゴ属 1年草 草丈10~40cm
茎はやや斜上し、分枝します。
葉は2~4cmの柄があり、卵形~長楕円形となり、両面に短毛があります。

季節(開花期)

8~10月
花は茎頂に穂状の花序を形成し花をつけます。
淡い紅紫色の花弁は唇形で、下部の花弁は丸く反り返り中心に白い星の様な斑が入ります
花後の種子は蒴果で熟すと種子が散布されます。

環境

中国、朝鮮半島、インドシナ、マレー、インド
本州、四国、九州
草地や路傍。

利用

薬効

全草を採取し、陰干しします。

  •  内服 浄血
  •  外用 神経痛、筋肉痛、リウマチ

食用 

  •  不明 

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP