ホーム > キヅタ

キヅタ

概要

山野に普通に見られ、気根を出しながら木や岩に張り付きながら登ります。
葉は互生し、葉は卵状披針形です。若い枝の葉は、3~5裂します。縁は全縁となります。
花は10~11月に開花します、球形の散形花序に黄緑色の小さな花を多量に付けます。
果実は球形で、翌年の春に黒く熟します。ウコギ科の実は、皆よく似ていて青紫色になります。

データ

学名Hedera rhombea
別名フユヅタ
分類ウコギ科キヅタ
原産・分布本州、四国、九州
用途庭木


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP