ホーム > ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

概要

和名:銀竜草 学名:Monotropastrum humile

イチヤクソウ科ギンリョウソウ属 多年草 草丈 10~15cm
樹木と菌類の共生によって出来た外生菌根を利用し生育しています。
春から夏にかけて花茎を伸ばし全体が蝋のように白い茎と花をつけます。
葉は魚の鱗のような鱗片葉が互生し、茎頂に壺状の花を1つだけつけます。
果実は卵型で液果となります。

季節(開花期)

6~8月

環境

中国、朝鮮、台湾、サハリン
日本全土
山地の林床に生育しています。

利用

  •   特になし

薬効

  •  内服 
  •  外用 

食用

  •  

画像

参考

阿蘇デジタル博物館

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP