ホーム > クサノオウ

クサノオウ

概要

ケシ科
春、中空の茎を直立させ草丈40~80cm程度までに育つ。葉は1-2回程度で深裂し、羽状複葉となって30cmまでに伸びます。
花は直径2cm程度の鮮やかな黄色の4弁花で、稀に八重咲きの株もあるようです。
5月から7月までの長期間にわたって咲いた後に、長さ3-4cmの莢が上を向いて実る。
莢中にある半球形の種子は黒く、種枕(エライオソーム)が付着しており、これに惹かれたアリによって散布される。

季節

5~7月
花は春~夏に咲き、花径2~3cmほどの黄色の4弁花です。花弁は卵型です。
葉は、大きさはいろいろあり長さ7~15cmほどで羽状に裂れ込みが入りますが、全体としては卵型です。裂片の先は円形状です。
果実は細長く、長さ3~4cmの線形です。

環境

ユーラシア大陸からヨーロッパ、北アメリカなどに広く分布し日本では北海道から九州まで分布しています。
日当たりのよい草地や林縁に生育します。

利用

全草に約21種のアルカロイド成分を含み、その多くが人間にとって有毒性があります。
本種を傷つけた際の黄色い液などは特徴的で、古くから毒草として知られており、誤食による事故は少ない。
誤食すると消化器内の粘膜がただれ、ときには死に至ることもあります。
しかしながら、民間療法において薬草として使用されてきた歴史があり、漢方では「白屈菜」と称し、イボ取り・水虫・インキンタムシといった皮膚疾患に使用されました。
また服用すると消炎制鎮痛剤として作用し、現代においても下剤として利用できると評価されています。
しかし、毒性が強いことに変わりありませんので、注意を要します。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP