ホーム > クサボケ

クサボケ

概要

バラ科
樹高は1~2m。若枝は褐色の毛があり、古くなると灰黒色。樹皮は縦に浅く裂け、小枝刺となっています。
葉は長楕円形・楕円形。長さ5~9cmで、鋭頭でまれに鈍頭で、基部はくさび形で細鋭鋸歯縁になっています。

季節

花は3 - 4月に葉よりも先に開く。短枝の脇に数個つき、径2.5 - 3.5cm。色は基本的に淡紅、緋紅。白と紅の斑、白などがある。

環境

原産地は中国大陸。日本では帰化植物(平安時代)。本州から四国、九州にかけて植栽、または自生し、温暖地でよく育ち、北海道南部では種類が限定されます。

利用

庭園樹としてよく利用されており、添景樹として花を観賞する目的で植栽されます。
盆栽にも用いられます。好陽性で土壌を選ばず、移植は容易ですが、大気汚染・潮害にはさほど強くありません。
果実を果実酒などにすることもあります。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP