ホーム > コウゾ

コウゾ

概要

和紙の原料として使われてきました。
今はヒメコウゾとカジノキの雑種をコウゾと呼び、和紙の原料としています。
しかし、実際の区別が難しいのでヒメコウゾを通称コウゾとして紹介されることが多いようです。
落葉低木で、葉は互生、表面は短毛が散生し、集合果は1cmほどの球形。
秋になるとわずかに黄葉してから落葉します。

データ

学名Broussonetia kazinoki
別名
分類クワ科・コウゾ
原産・分布本州、四国、九州、沖縄、朝鮮半島、中国、台湾
用途和紙の原料として使われてきました。


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP