ホーム > コバギボウシ

コバギボウシ

概要

クサスギカズラ科ギボウシ属
多年草
葉は多く地際から生じ、斜めに立ち上がります。
葉は長さ10~16cm、幅5~8cmの細い卵形~卵状の長楕円形で先はとがり、基部は翼状になって葉柄に付きます。
表面は灰緑色で光沢はなく、葉脈は凹みます。

季節(開花期)

7~8月
花茎は高さ30~40cm程で、淡紫色の花を横向きにつけます。
花は長さ4~5cmの筒状鐘形で、下半部は細く、上部は広がります。
果実は熟すと3裂します。種子は黒く翼があります。

環境

北海道、本州、四国、九州の広い範囲に分布しています。
日当たりのよい湿った草原や湿原に生育し、群落を形成することもある。

利用

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP