ホーム > コバノミツバツツジ

コバノミツバツツジ

概要

高さ1.5〜4mになる落葉の低木です。樹皮は灰黒色で、粗い毛があります。葉は枝先に3枚輪生することから三つ葉の名がついています。葉は長さ2.5〜5cmで、幅1.5〜5cmの広卵形または菱形状卵形をしています。
葉の展開前もしくは同時に開花し、枝先に紅紫色の花を1〜2個咲かせます。花冠は直径3〜4.5cmの漏斗形をしており、やや深く5裂します。
雄しべは10個。花糸と花柱は無毛。子房には白色の長毛が密生します。
萼には白毛があり、花柄には白毛と長い黄褐色の毛があります。
果実はさく果で、長さ8〜10mmの円柱形、粗い毛が発生します。
8〜9月に熟し、裂開します。花期は3〜4月です。
冬芽の花芽は長さ1cmほどの楕円形をしており、褐色の伏毛が密生しています。
葉芽は紡錘形で小さく葉痕は三角形〜ハート形です。

データ

学名Rhododendron reticulatum
別名
分類ツツジツツジ
原産・分布中部地方以西、九州
用途


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP