ホーム > コメナモミ

コメナモミ

概要

キク科メンモミ属
1年草
茎丈50~100cm、葉は長さ5~12cm、対生しやや丸みを帯びた卵状で先端は尖ります。
葉縁には不規則な鋸歯があり、葉柄には翼があります。

季節(開花期)

9~10月
頭花は散房状につき、黄色で直径約1㎝位です。
頭花の周囲に舌状花、中心に筒状花を形成します。
舌状花の花冠は黄色、先が3裂しています。
筒状花の花冠も黄色、先が5裂し、総苞片は5個、有柄の腺毛が生え、横に広がってヒトデのような形状をしています。

環境

中国、朝鮮
日本全土
山地の荒れ地や路傍

利用

開花期に地上部の全草を洗ってから、刻んで陰干しして乾燥させたものを小豨薟(しょうきれん)といい、中国では腫毒,中風,血圧降下に効果があるとされています。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP