ホーム > サイハイラン

サイハイラン

概要

和名:采配蘭 学名: Cremastra appendiculata

ラン科サイハイラン
多年草 草丈30~60cm
地下には、白色卵形の球根(偽球茎)があり、基部から出る葉は、披針形で葉縁に鋸歯はありません。
葉は花をつけると枯れます。

季節(開花期)

5~6月
茎先に総状花序を形成し、淡紅紫色の花を10輪以上つけます。
花は縦に並びやや下向きにつきます。
唇弁は長さが3cm程で、花弁の先が3つに裂けます。
両脇の2枚の裂片は鮮やかな紅紫色をしています。

環境

中国、朝鮮、台湾
北海道、本州、四国、九州
山地のの林床に生育します。
花の姿が、戦国時代の陣中で、武将が命令を指揮する時に使う、采配(さいはい)に見立てて、この名がつきました。

利用

偽球茎を、花が枯れて茎が残っている頃に採取し、外側の皮を取り除き、細かく刻んで、日干しにして乾燥させたものを、生薬で天麻といいます。

薬効

含有成分 マンナン

  •  胸やけ、胃腸カタル、ひび、あかぎれ

食用

  •  焼くと栗に似た味があり、美味です。

画像

参考

阿蘇デジタル博物館

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP