ホーム > サイヨウシャジン

サイヨウシャジン

概要

和名:細葉沙参 学名:Adenophora triphylla var. triphylla

キキョウカ科 ツリガネニンジン属 多年草 草丈 60~100cm
茎は直立します。
葉は下部に4枚が輪生し数段付きます。楕円形で葉長5~10cm、葉縁には鋸歯があります。

季節(開花期)

8~10月
釣鐘状で淡紫色の花をつけます。長さ10㎜程で、花冠の先端が外側に反ります。
花柱が花冠から突出する特徴があります。

環境

樺太、千島列島
北海道、本州、四国、九州
山地の草原や林縁に生育しています。

利用

薬効 

  •  内服 鎮咳、去痰
  •  外用 特になし

食用

  •  春に若芽を採取し茹でて水にさらし、和え物、おひたし、油炒め、汁の実等に利用できます。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP