ホーム > サンショウ

サンショウ

薬草としてのサンショウ(山椒)

生育場所

山地の疎林内に自生しているが庭や畑にもよく植える。

採取時期

黒皮を採るのは10月~11月に赤く熟して果実が裂け始めたとき。

利用部分

成熟した果皮を用いて種は使わない。

薬効

芳香性健胃

調整法

秋になり熟してくると果実は赤褐色になり、最後は2つに裂けて中から硬くて黒光りのする種子が露出する。
陰干しにして乾燥する。

利用法

容積で乾燥した果皮1に対して3~4の割合になるように焼酎に漬けて薬用酒を作る。
焼酎は甲類のにおいのないものを使う。
約2ヶ月漬け込みおいて砂糖を入れて溶かす。

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-


カテゴリ : 生活
索引 :

このページのURL:

TOP