ホーム > シモバシラ

シモバシラ

概要

和名:霜柱 学名:Keiskea japonica

シソ科シモバシラ属 多年草 草丈40~80cm
茎は四角く、やや木質化します。草体は斜上します。
葉は長楕円形で対生し、葉縁に浅い鋸歯があります。

季節(開花期)

9~10月
上部の葉腋から総状花序を形成し白色の唇形の花を咲かせます。
横を向いた花冠は、釣鐘状で、雄蕊が突き出ています。
花の咲く姿を霜柱に見立ててこの名が付きました。
花後の果実は分果です。

環境

本州(関東以西)四国、九州
山地の林内に生育しています

利用

薬効

特になし

  •  内服
  •  外用

食用

特になし

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP