ホーム > シラネセンキュウ

シラネセンキュウ

概要

セリ科シシウド
多年草
高さ80~150cm程になります。
茎は直立し、表面は無毛です。
葉は地際から根生葉を出し枝に3~4回三出複葉となります。
小葉の先端は鋭角になり、葉縁は不揃いな鋸歯となります。

季節(開花期)

9~11月
茎や分枝の先端に多数の花序をつけます。花は白色の5弁花で倒卵形です。
果実は広楕円形になり、薄い側翼があります。
花柱は長さ1~15mm、油管は背溝下に単生し、合生面に2個あります。

環境

中国、朝鮮
本州、四国、九州
山地の日陰、林縁、渓谷沿いに生育しています。

利用

若葉、若芽を摘み、塩茹でにし辛子醤油に漬け込み、保存食として食します。
天麩羅にも良いそうです。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP