ホーム > シラヒゲソウ

シラヒゲソウ

概要

和名:白髭草 学名:Parnassia foliosa var. nummularia

ユキノシタウメバチソウ属 多年草 草丈10~25cm
葉は柄のある根生葉が数枚発生し円形で、上部の葉も円形ですが柄がなく茎を抱きます。

季節(開花期)

8~9月
花茎を立て、先端に縁が糸状に細かく裂けた花を咲かせます。
花径は2cm程で、中心に3つに裂けた柱頭があり、その周りに10本の雄蕊があります。
花後にできる果実は蒴果で、種子は1mmほどです。

環境

本州、四国、九州
山地の湿った岩場などに生育しています。
草原の草むらに隠れるように咲いているシラヒゲソウ
純白の繊細な花びらが印象的な野の花です。
花びらが糸状でまるで白髪のようなところからこの名前がつきました。
初秋の阿蘇を彩るシラヒゲソウは人々の目を楽しませてくれます。

利用

不明

薬効

不明

  •  内服 
  •  外用 

食用 

  •  不明

画像

動画

当コンテンツをご覧いただくには、最新のFlash Playerが必要です。Get Adobe Flash player

阿蘇インターネット放送局

カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP