ホーム > シラン

シラン

概要

和名:紫蘭 学名: Bletilla striata

ラン科ラン属
多年草 草丈30~50cm
葉は基部から出る披針形で葉長30cm程になります。
表面に平行脈があります。

季節(開花期)

5~6月
花柄の先に4~6個の花序(総状花序)をつけます。
花茎は3cm程で、花弁は6枚あり、内花被片は他の5枚と形が違い、唇弁があります。
花後には蒴果を形成し、熟すと裂けて種子が散布されます。

環境

中国、台湾、
本州(福島以南)、四国、九州、沖縄
日当たりのよい草原などに生育しています。

利用

鱗茎を秋頃に掘り出し、茎、ひげ根を除き、水洗いした後、蒸してから外皮を取り除き、天日で乾燥させます。
生薬名を、白芨(びゅくきゅう)といいます。

薬効

含有成分 不明

  •  内外出血に止血作用があり、喀血、止血、鼻血、胃、腸の穿孔に効果があるとされています。

食用

  •  不明

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP