ホーム > シロダモ

シロダモ

概要

山野の比較的湿潤なところに生え、高さ10〜15mになる常緑小高木です。
樹皮は緑色を帯びた暗褐色をしており、小さな皮目が多く発生します。
新枝には黄褐色の毛が密生し葉は互生して枝の先に集まってつきます。
葉身は長さ8〜15cm、幅5〜8cmの長楕円形または卵状長楕円形で、全縁となり、3脈が目立ちます。
雌雄異株で、葉のわきに黄褐色の小さな花が集まって咲きます。
果実は液果で、長さ1.2〜1.5cmの楕円形です。
翌年の10〜11月に赤く熟し、種子は球形、花期は10〜11月です。

データ

学名Neolitsea sericea
別名シロタブ、タマガラ、オキノミノキ
分類クスノキ科シロダモ
原産・分布本州(宮城県以西)、四国、九州、沖縄、南朝鮮、中国
用途庭木、建材、器具材、薪材


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP