ホーム > タカネハンショウヅル

タカネハンショウヅル

概要

和名:高嶺半鐘蔓 学名:Clematis lasiandra Maxim.

キンポウゲ科センニンソウ属 多年草 草丈200~300cm
つる植物で、葉は長さ5~10cmの卵形をしています。先端が尖り葉縁には鋸歯があります。

季節(開花期)

9~11月
葉の葉腋から側枝を出し鐘型の花を下向きに咲かせます。
花被片の長さは15㎜程で、淡紅紫色。
開花が進むにつれ反り返り、やがてなくなります。
果実は瘦果で花柱に白い羽毛状の毛があり、種子は成熟すると5㎜ほどになります。

環境

本州、四国、九州
山地林縁などに生育しています。

利用

薬効

  •  内服 
  •  外用 

食用 

  •  不明

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP