ホーム > チガヤ

チガヤ

概要

イネ科チガヤ
多年草
地下茎を横に伸ばし少数の葉をまとめて出します。
葉は30~50cmほどで、硬い葉柄があり先端にいくにつれ広く、ほぼ直立します。
冬になると枯れ、葉が赤く色づきます。

季節(開花期)

6~10月
花は綿毛に包まれ、長さ4㎜ほど、形は細長くなっています。

環境

温暖な気候を好み日当たりのよい場所に生育しています。

利用

秋に掘り採った根茎を陰干ししたものが生薬「茅根(ボウコン)」または「白茅根(ハクボウコン)」で、煎じたものは利尿消炎作用があるとされています。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP