ホーム > チダケサシ

チダケサシ

概要

和名:乳茸刺 学名:Astilbe microphylla Knoll

ユキノシタチダケサシ属 多年草 草丈40~80cm
葉は2~4回の奇数羽状複葉で互生します。
小葉は卵型で葉長3~4cm、葉巾2cm程で、葉縁には鋸歯があり葉脈に沿ってしわが入ります。
花は細長い円錐花序を形成し、淡紅紫色の花弁は5つあり、細いへら状です。
雄蕊は10本あり、先端が淡青紫色です。

季節(開花期)

7~8月

環境

日本固有種
本州、四国、九州
日の当たる林縁、草原

利用

  •  不明

薬効

  •  内服 
  •  外用 

食用 

  •  不明

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP