ホーム > チチコグサ

チチコグサ

概要

キク科ハハコグサ
多年草で、全体に白い綿毛があります。根出葉はロゼット状に地表に広がり長さ2.5~10cm、葉裏には綿毛を密生させています。根元から蔓状に匍匐枝を伸ばし、その先端に新たな株を発生させ増えます。

季節(開花期)

5~10月
中心から花茎を直立させ、初夏から初秋にかけて茎頂に多くの管状花からなる褐色の花を、ほぼ球形につけます。また、花の基部に3~4枚ほどの細長い苞葉を放射状につけます。

環境

日本から朝鮮半島、中国大陸に分布しています。
荒地や丈の低い草地(芝草地など)に見られます。

利用

同属のハハコグサは「春の七草・オギョウ」で、食用にしていますが、本種を食用にした話はありませんし毒性や薬効もないようです。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP