ホーム > チャノキ

チャノキ

概要

日本で栽培される種は1メートル前後に整えられますが、野生の状態では2メートルに成長することもあります。
樹皮は滑らかで幹の内部は堅く若枝では樹皮は褐色ですが、古くなると灰色になります。
葉は枝に互生し葉には短い葉柄があります。葉身は長さ5-7センチメートル、長楕円状披針形、先端は鈍いかわずかに尖り、縁には細かくて背の低い鋸歯が並びます。
表面は濃緑色でややつやがあります。
花は10~12月初旬ごろに咲きます。花は枝の途中の葉柄基部から1つずつつき、花冠は白く、径2~2.5センチメートル、ツバキの花ににます。
果実は花と同じくらいの大きさにふくらみ、1個ずつの種子を含みます。
果実の形はこれらの種子の数だけ外側にふくらみを持っています。

データ

学名Camellia sinensis
別名
分類ツバキ科 ツバキ属
原産・分布宮城以南、四国、九州、沖縄、中国
用途飲用、種子からカメリア油


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP