ホーム > チューヨミ鳥

チューヨミ鳥

民話

チューヨミ鳥

 あるところに、チューヨミさんちゅう人がおんなはったちったい。

いつも牛に水をやるとが、一日の仕事になちょったちったい。

そしたところが、遊びばかりけーのぼせち、牛に水ばのませるとば、わすれちしまいなはったちったい。

とうとう牛しゃ死んでしもたき、泣いてかたじ牛ば川ばたにうめさしたと。

そしたところが、じぶんな、やがて鳥になってしまわしたちったい。

あめが降って、川んみずがふえると、牛が流されはせんどかち思うち ゴーウ ゴーウ 上にのぼったり、下ったりして鳴くごつなったちったい。

(もうし もうし 米だんご 早よう食わにゃ ひえる)

水乞い鳥

阿蘇の岳川(たけかわ)のほとりに、チョチュミという名の子がいました。

チョチュミのうちは、お百姓さんです。

チョチュミは毎日牛の世話をするのが仕事でした。

お父さん、お母さんは田畑の仕事です。

「牛に水をのませるのを忘れてはだめだよ」

お父さん達は、今日もそういって野良仕事に出かけて行きました。

チョチュミは遊びざかりのこどもです。

でも、牛に水を飲ませるのは、絶対忘れてはいけない事でした。

お百姓にとって、一番大切な牛を死なせでもしたら大変なことになるのですから…

でも、チョチュミはその大事なことを忘れてしまったのでした。

一日中水が飲めなかった牛は、それがもとで体がよわってとうとう死んでしまいました。

チョチュミは泣きながら牛を川ばたに埋めたのです。

そして、あまり泣いたものですから、鳥になってしまいました。

「ゴーワ、ゴーワ、キキキキ」と鳴きながら川を上り下りする水乞い鳥のことを、阿蘇では「チョチュミ鳥」と呼んでいるのです。

「ほーら、チョチュミ鳥が鳴きよるばい。あしたは雨じゃろかな」

おばあさんが、そういいながら空をながめてでもいたら、翌日はたぶん雨でしょうね。

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-
 「チューヨミ鳥」  山部 チモト
 「水乞い鳥」  高橋 佳也


カテゴリ : 文化・歴史
索引 :

このページのURL:

TOP