ホーム > チョウセンスイラン

チョウセンスイラン

概要

キク科の多年草。
高原や山間の水湿地にごくまれに自生します。茎や葉は細長く、黄色い花を咲かせます。
熊本県内では以前にスイランと呼んでいましたが、別種としてチョウセンスイランに改められました。
阿蘇の端部原野や山鹿市一ッ目神社裏、荒尾市八幡、水俣市無田などに点在します。
アジア大陸から朝鮮半島を経て九州まで分布する大陸系の植物で、地質時代の日本列島と大陸との陸地のつながりを示す重要な植物です。
同様の分布をもつタマボウキコウライトモエソウなど多種の植物が阿蘇を中心に分布しています。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP