ホーム > ツツジ

ツツジ

概要

ツツジ科の中低木で、多くの種類があります。
世界では約600種、日本では40種が全国に分布しています。代表的な品種として、エゾツツジ、ヒカゲツツジ、ヤマツツジ、ミツバツツジ、バイカツツジ、シャクナゲ、レンゲツツジ、ヨウラクツツジなどがあります。

生育地

熊本県内の山地に多いのは、赤色の花を咲かせるヤマツツジ、落葉性でヤマツツジと共生して紅紫色の花を開くミツバツツジが県下全域に見られます。また、五家荘、阿蘇山、県北の山地などに常緑性で淡黄色の小花を咲かせるヒカゲツツジがあります。
ミヤマキリシマは特に九州の火山地帯に多く、久住山、雲仙岳、祖母山、英彦山、霧島山、桜島などの中腹から山頂にかけて見ることができます。阿蘇山では5月中旬に咲く仙酔峡ミヤマキリシマが有名です。
シャクナゲは、最も美花であるとされているツクシシャクナゲで、国見岳、八方ヶ岳、五家荘山地に5月ごろに開花します。
レンゲツツジは、市房山のアカヤシオが5月中旬に山頂付近を彩り、ツクシアケボノツツジともいわれ県指定の天然記念物にもなっています。
園芸種として人家に植栽されているものも多く、キリシマツツジ、ヒラドツツジ、クルメツツジ、ドウダンツツジ、サツキ、シャクナゲ、アセビなどが人気となっています。
サツキは概見的にツツジよりも開花が遅く、新葉が展開したのち開花します。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP