ホーム > ツユクサ

ツユクサ

概要

和名:露草 学名:Commelina communis

ツユクサツユクサ属 多年草 草丈 20~40cm
茎は地表を這いながら分岐を繰り返します。
葉は長卵状の披針形で互生します。
花は花径1.5~2cm程で、花弁は3枚あります。
上の2枚は大きく円形で藍色をしており、下の1片は白色です
早朝に開花し、夕方には萎んでしまう1日花です。

季節(開花期)

6~9月

環境

世界中に広く分布
日本全土

利用

全草を採取し水洗い後天日で乾燥させます。
生薬名:鴨跖草(おうせきそう)

薬効 

  •  内服 解熱、利尿、解毒、風邪、熱性下痢、水腫、心臓病、脳血栓の予防
  •  外用 虫刺され、腫れ物、切り傷

食用 

  •  茎と葉を茹でて、サラダ、和え物

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP