ホーム > テイカカズラ

テイカカズラ

概要

茎から気根を出しながら、樹幹や岩肌をよじ登る常緑つる性木本です。
常緑広葉樹の優占する二次林に多く、植林や棚田の石垣などにも良く見られます。
林床に生育している場合には小さな葉を付けるが、樹木などに登って十分に光が当たるようになると大きな葉をつけて花を咲かせます。

データ

学名Trachelospermum asiaticum
別名
分類キョウチクトウ科テイカカズラ
原産・分布本州、四国、九州
用途


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP