ホーム > トモエソウ

トモエソウ

概要

オトギリソウオトギリソウ
草丈50~130cmほどで、茎を直立させて分枝します。
葉は、長さ4~8cmほどの狭楕円形で葉先は円形で、まれに鈍三角形状となります。
オトギリソウの仲間には葉や花に明るい小さな点や黒い小さな点があるのが特徴ですが、トモエソウでは、葉に明点のみ存在し、黒点はありません

季節(開花期)

7~9月
花は、茎や枝先に数個の径5cmほどの黄色の5弁花をつけます。
花弁は巴形で片側に偏って幅が広くなります。花は、1日花です。

環境

中国、朝鮮、シベリア
北海道、本州、四国、九州
山地や河川などの日当たりのよい場所に生育します。

利用

薬効としてはオトギリソウと似ており、冷えによる疼痛や腫れ物などに全草を日干ししたものを煎じて飲む。
神経痛やリュウマチに入浴剤として使用するとよいそうです。

画像


INDEX:?

カテゴリ : 阿蘇の自然

このページのURL:

TOP