ホーム > ナガバシュロソウ

ナガバシュロソウ

概要

和名:長葉棕櫚草 学名:Veratrum maackii Regel var.maackii

ユリ科シュロソウ属 多年草 草丈 60~80cm
茎は直立しいくつか分岐をします。
葉は根生で広針形、葉長30cm、葉巾3cm程になります。
花は茎頂に円錐花序を形成し、花被片が6枚で紫褐色の花を咲かせます。
果実は蒴果で長さ2cm程、種子は3㎜

季節(開花期)

7~9月

環境

中国、朝鮮、サハリン、カムチャツカ半島
本州、四国、九州
山地の湿り気の多い草原などに生育しています。

利用

  •  プロトベラニンなどを含む毒草です。誤食すると嘔吐、下痢、麻痺をひき起こします。

薬効 不可

  •  内服 
  •  外用 

食用 不可

  •  

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP