ホーム > ナツメ

ナツメ

薬草としてのナツメ(棗)

生育場所

庭や畑の横などに植えられている

採取時期

9月だいたい二百十日頃に熟する

利用部分

果実

薬効

強壮

調整法

果実の表面が薄い栗色になったころに採取し水で洗ってよく拭いて焼酎に漬け込む。
梅酒を漬け込む要領でよい。
35度のホワイトリカーを果実の2倍量くらいに漬ける。
また果実の4分の1から5分の1くらい砂糖を加えるとよい。
2か月後に取り出し、濾して密栓できるビンに詰めて冷暗所に保存する。

利用法

体が疲れているとき滋養強壮に薬用酒として食前に飲む。
生薬を用いる方法:ナツメを干したものは大そうと言って重要な漢方薬だから薬局で売っている。

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-


カテゴリ : 生活
索引 :

このページのURL:

TOP