ホーム > ナベナ

ナベナ

概要

マツムシソウナベナ
2年草
茎は分枝し、全体に刺状の毛が生えています。
茎の下部には下向きの長毛が密生しています。
葉は対生、羽状に全裂し、葉縁は鋸歯になります。
茎の下部の葉は5裂、上部では0~3裂し、頂葉片が最も大きい。

季節(開花期)

8~9月
分枝した茎の先に2cmほどの球状の頭花を形成し上部から淡紅紫色の小花を咲かせます。
小花は7㎜、先端は4裂し、雄蕊が4本突出します。

環境

中国、朝鮮
本州、四国、九州
山地の広葉樹林の渓谷や日当たりのよい草原に生育しています。

利用

中国では本種の根を「川断」といい、
腰や下肢の筋力低下や疼痛、打撲、ねんざなどの腫脹、疼痛に効果があります。

画像


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP