ホーム > ニッポンバラタナゴ

ニッポンバラタナゴ

概要

繁殖期に雄の目の周囲が赤くなることからその名がついています。
コイ科の日本固有亜種で、大陸産の亜種タイリクバラタナゴとは小さいことや腹びれ前縁が白くないことで区別できます。
大阪府と九州の一部に分布し、球磨川が分布の南限になっていますが、1940年代に中国から食用に移入されたソウギョやハクレンなどに交じって侵入した大陸産の別の亜種タイリクバラタナゴと容易に交雑するため純系の維持が非常に困難になっています。
阿蘇ではシュビンタと呼ばれていて、阿蘇町の湧水池は今日、純系が維持されている貴重な生息地になっています。


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP